バレエの発表会

私には二人の小学生の子供がいて、二人ともバレエをやっています。バレエをやっている親御さんならご存じかと思いますが、(教室によるかもしれませんが)結構親の負担が大きいのです。


普段の送り迎え(兄弟で違う曜日がレッスン日なので、週6回通わないといけない現状)には車を使用するのですが、私の場合(クライネ・レビン症候群)、ナルコレプシーのように眠気が来たら10分ほど寝れば済むというものではなく、長時間睡眠が必要なため、一日の起きている時間をバレエの送り迎えの時間に合わせるのです(これは投薬がうまくいっている場合で、投薬でコントロールできてない場合には不可能です)。つまり、午後3時くらいから帰ってくる8時くらいまでの間、起きてられるように他の時間に睡眠をとる(というよりはこれ以外の時間は寝ている)のです。バレエ中心の生活。


ここまでするのには理由があって、長女は幼稚園の頃から将来なりたいものがバレリーナ―というのが全く揺るがず変わっていない。そして、バレエを始めて6年目にして初の主役(くるみ割り人形のクララ役)を頂いたのです。


娘の夢の為に親は頑張りますよ!


でも、あと2週間で本番なのですが、さすがに疲れがピークに・・・。


持つか、私の体。


もちろん、バレエのママ友には私の病気のことは言ってないので、普通の人のようにふるまっています。いつまで隠し通せるか。

Recent Posts